やっぱりHAWAIIはいいですよね~^o^

o0480032013472351517

私は過去にハワイに2年程住んでいたことがあります。

ハワイ州のマッサージライセンスを取得し、

ハワイにてマッサージサロンをオープンし、

マッサージセラピストとして活動していた時期があります。

その活動期間はとても短いものでしたが

自分にとっては勉強になることばかりでした。

今の活動にもハワイで得た経験はとても役に立っています。

人に自身の指圧マッサージスキルを、それを必要としているセラピストに伝えたい!

その活動をするぞ!

と決めたのはハワイにいる時でした。

お客様はセラピストに付きます。

そのセラピストがセラピスト活動をやめてしまえば、お客様は困ることになります。

また自分にとって相性の良いセラピストを探さないといけません。

自分の好むマッサージをしてくれるセラピストを探さなければいけません。

私がハワイのお店を閉めて日本に帰ることになったとき、

ある一人のお客様に言われたことがあります。

その方は80代のおばあさんでした。

・・・

「KENさんが居なくなったら誰にやってもらえばいいかね…」

その方は背中が特にコリコリでした。

週に一度、入居している施設の専用バスにて通っていただいていました。

足があまり良くなかったので、いつも杖をついていました。

マッサージ店はビルの二階にあり、そこまでは階段でしか登れません。

私はいつもその方がみえる少し前に外で待っていました。

・・・

お年寄りは体が不自由の方が多いです。

少し歩くにしても、姿勢を維持するにも

とても体力を使います。

体のバランスを保つために常に体幹に力が入ってしまいます。

背中も曲がっているので、顔が前に出てしまいます。

ただ毎日を過ごすだけで体にはかなりの負担を強いられるのです。

背中の疲れを少しでも楽にしてあげたい…

毎週私の指圧マッサージを受けるのが楽しみだ。

と言ってもくださっていました。

そこで私は気がついたのです。

長く人生を生きてきた先輩である

このおばあさんから教えられました。

それは、、

・・・

・・・

続きはこちら

→ ハワイでの決意 その2