o0480032013473378586

おばあさんに教えられたこと。

それは、、

人生において一番大切なものは、

自分自身の体だということ。

若いときにはそれに気が付きにくいです。

どこかで自分だけは歳を取らないのだと。

自分の若さが永遠に続くものだと錯覚しています。

人間、体の自由がきかなくなって初めて分かることがあります。

痛みが無いだけで1日がどれだけ幸せに感じるか。

健康に過ごせることが何よりもの財産です。

人間、自分の体が一番の財産なのです。

ハワイの店を閉めて日本に帰ることになり、

お客様には迷惑をおかけしてしまいました。

それは後任を育てていなかったからです。

それが悔やまれました。

しかし幸いにもその方には後をお任せできるセラピストさんがいました。

同じ日本人で鍼灸マッサージ師の方です。

アメリカの鍼灸大学を卒業されている方で、

私よりもずっと博学な方です。

人柄も良い方なので安心してお任せすることができました。

その時に私は決めたんです。

私は、私と同じように体幹をほぐせるセラピストをもっと多く育てたい。

自分と同じようにできる人をもっと多く世の中に増やしたい!と。

私は背中が硬くなって辛い人の気持ちがよくわかります。

その人がどのようにしてほしいのかも知っています。

そういう人に対して私が行うマッサージ手技は、少し特殊なやり方をします。

そして、そのやり方は教えれば経験のあるセラピストであれば誰にでもやれるようになるということ。

・・・

人には皆やがて老いがやってきます。

その時に一番大切に思うこと。

それは、日々をいかに快適に過ごせるか。

誰と過ごし、何を想うか。

痛みや苦しみの中にいては

楽しみも半減してしまいます。

人生は、毎日、毎時間の中にあります。

昨日、今日、明日の繰り返しの中にあります。

その日々を、

少しでも楽に過ごせるように。

私たちセラピストは、

多くの人に、そんな当たり前の毎日を過ごしてもらうために存在しているのだと。

日々を普通に過ごせることが、いかに尊いことなのかと。

日々の小さなストレスや疲労。

それらが積もりに積もって病の元が生まれます。

さらにそのまま放っておくと、、

病気になってしまいます。

おばあさんは

毎回来られる度に言ってくれていました。

「KENさんに背中をやってもらうと

その日はとても幸せな気分になるよ」

「こんなに嬉しいことはないよ」

・・・

マッサージは人を幸せにすることができる!

ひとときだけでも痛みを忘れさせてあげられることができる!

よし!

ならばまず、それを日本で始めよう!

自分の想いに従い行動してみよう!!

・・・

・・・

私の夢は、

世の中に多くのフリーマッサージセラピストを作ることです。

マッサージを仕事でしている人。

有資格者も、民間資格者も関係なく。

そばにいる人をすぐに癒してあげられる。

自由な感覚を持ったフリーマッサージセラピスト。

マッサージ自体は、

いつでも、どこでも、だれにでも

国境も人種も関係なく

誰にでもやれます。

痛みを和らげてあげ

癒しを与えられる。

それにより感謝され

自分自身も癒される。

やってあげた方も癒されるなんて、

とても素晴らしいことです。

そんな自由な感覚のマッサージセラピストをもっともっと世の中に増やしたい!

その時はその思いでいっぱいでした。

そして日本に帰ってから、

地元の岐阜に帰ってからまず始めたのが、、、

・・・

・・・

続きはこちら!

→ ハワイでの決意 3